沿革HISTORY

沿革

  • 昭和36年 1月
    大阪市大淀区天神橋筋8丁目5番地にて万有鍛工株式会社を設立。資本金100万円。
    ガスコック鍛造品、ガス器具用パイプ製品を
    生産。
  • 昭和39年 5月
    本社現所在地に移転。
  • 昭和45年 4月
    電力向電設用部品の生産に主力を転換。
  • 昭和48年 6月
    資本金を800万円に増資。
  • 昭和51年 9月
    業界に先駆け大型鍛造品の生産を開始。
  • 昭和56年 8月
    鍛造機のロボット自動化を開始。
  • 昭和56年11月
    松下住設機器株式会社(現松下電器産業株式会社 電化住設社 ガスシステム事業部)より委託を受け、
    ガスバーナーキャップの鍛造を開始。
  • 昭和61年 2月
    業務拡張のため、鍛造工場として佐用工場を建設。全鍛造機を移設。
  • 平成 1年 8月
    本社に加工・組立工場として(有)東大阪製作所を設立。
    ガスバーナーキャップ等の切削加工を開始。
  • 平成 4年10月
    資本金を2,000万円に増資。
  • 平成 5年 3月
    高付加価値生産のため、佐用工場にNC旋盤を導入。
  • 平成 7年 5月
    品質安定のため、佐用工場に新型500トン鍛造機を導入。
  • 平成 7年 7月
    本格的な切削加工のため、佐用工場にマシニングセンターを導入。
  • 平成 9年 4月
    受注業務のオンラインシステム化を開始。
  • 平成11年 5月
    高速200トン鍛造機を導入。
  • 平成15年 6月
    オンラインシステムの改訂を実施。
  • 平成18年 3月
    マシニングセンター導入。